Entries

応募について

求める人物像

TALENT

求める人物像

こんにちは。

小林食品の社長の小林大介です。
私の座右の銘は、「人生を丁寧に生きる」です。この言葉に沿った、私なりの求める人物像をお伝えします。
少しずつで良いから前に進める人
1週間で1~2%前に進める人。コツコツ出来て、3年後、5年後に大きな力を持っている人という意味です。
1週間に2%進む事を1年続けると280%、2年続けると784%、3年で2,195%・・・3年で22倍の実力の差。
すごい差ですね。
例えばほんの少し頑張る。1の所を1.01頑張る1.01を365回掛けると、37.8になり、手を抜いて0.99を365回掛けると、0.025になります。

僅かな違いがやがてとても大きな力の差となって目に見えてきます。
少しずつでよいので前に進んでください。
人と比べない人
大学の学部を決める時、古文が隣の生徒より出来ずに数学に走り、数学も出来ずに化学に走り、最後には英語に走り・・・とはしてこなかったはずです。
きっと得意分野や興味分野を突き詰めて、今の専攻学科があると思います。
見る物を他の人間と見比べるか、過去の自分を見て、前を進むか? 全部はあなたが決めます。

もちろん、自分の立ち位置を確認する意味で、時に周囲の人との距離や出来具合を確認する事はあるかもしれませんが、ご自身の成長を見つめるうえで、他人様の出来不出来は関係ありません。

ご自身の成長を自分の物差しとして確認してください。
これはそれほどあなた御自身が大切だということのメッセージの裏返しです。
考えながら積極的に物事をこなす人
あなたはとても価値ある時間を過ごしています。
ダラダラだらしのない時間を過ごしたり、相手に電話をしないで何かを一日遅らせたり。
私がそれを好まないのです。私はやりたい事がいっぱいあります。

人生やりたい事がいっぱいある。色々な物を経験したい。その意味では物事ドンドン処理して、多くの経験値を積みたい。その為には色々な考えを持って積極的に発言できる人間。
入社一年目だから言っていいのか、悪いのか、と考えずに引っ込み思案にならずに、ドンドン前にすすんでいける。
仕事もより高いものを望むために、上司や御客様や同僚と積極的に関わっていく。

そんなあなたをお待ちしています。